ラクトフェリンを摂取する方法

ラクトフェリンを摂取する方法

高機能タンパク質の一種であるラクトフェリンは、哺乳類の母乳に含まれています。ヒトの母乳の他にも牛の母乳、すなわち牛乳にもラクトフェリンが含まれています。つまり、私たちが日ごろ乳製品として摂取する牛乳やチーズ、ヨーグルトなどを食べてもある程度のラクトフェリンを摂取することができます。

 

しかし、乳製品から摂ったラクトフェリンは、その効能を体内で十分に発揮することができません。ラクトフェリンは、酸や熱、空気に弱いという性質があります。特に酸に対しては非常に弱く、酸性の環境に置かれるとラクトフェリンは分解してしまいます。

 

ところが、人間の胃液は強酸性なので、乳製品を食べても胃の中でラクトフェリンが分解されてしまうのです。人が栄養を吸収して体の隅々まで送ることができるのは、腸で消化吸収を行い、血液が栄養を体の各器官に届くからです。でも、胃の中で溶けてしまったラクトフェリンは、もう健康に役立つことはありません。このように、ラクトフェリンは身近な食品にも含まれているにもかかわらず、いざ摂取しようとしてもなかなか十分に摂ることが難しい栄養素なのです。

 

ラクトフェリンを積極的に摂ろうという場合は、胃液で溶かされずに腸まで届くように設計されたサプリメントなどの形が効果的です。最近では、「腸溶性」という説明のついたラクトフェリンのサプリメントが市販されているので、腸まで届くように作られているかどうかを確認してから買い求めると良いでしょう。